『 ピュアコートZERO 』(長期耐久撥水コーティング)使い方。施工方法紹介

ピュアコートZERO

今回施工したのは、

視界の保持力抜群!!イヤ~な雨天時も視界クッキリ!” でお馴染みの

長期耐久撥水コーティング 『ピュアコートZERO』です!

(上のチラシをまんま読んだだけなんですけどね(^_^;)すごい自信にあふれたチラシです)

なんでも、これを使えば フロントガラスで約2年、サイドガラス、リアガラスで7年も持つらしく、ネットでも大人気の商品のようです。

今回使用したのはこれ⇒ガラス撥水 ピュアコートZERO 下処理&施工キット

ピュアコートZEROを ネットで注文しました

60サイズくらいの箱で届きまして、中身はこんな感じ

内容物は↓

  • 説明書
  • 油膜除去剤
  • ガラス用プライマー
  • 研磨スポンジ
  • 塗りこみスポンジ
  • 不織布2~3枚(説明書には二枚と書いてありましたが、小さいのと大きいのと4枚くらいありました)
  • 拭き取りクロス

結構いろいろ入ってます、これらにプラスして、洗車用のクロスがもう1枚あれば作業には十分です!

この3つの溶剤が重要なやつです (ー_ー)!!

天下の ” レクサス様 ” です!!

今回施工したのがこの車・・((+_+)) そう・・レクサス様です。

気を付けることはただ一つ!!!『傷をつけないこと!!!』

レクサスに限らず、お客様のお車に傷を付けないようにするのは当たり前の事なんですが・・・

とにかく緊張してしまいますよね。

((+_+))神経使います。

それではさっそくやってみたいと思います!!

施工する前に水をかけて確認!

軽く水をかけてみると、中途半端に水をはじいてる状態でした。

今までのコーティングとか油膜とかが残っている状態ですね

拭き上げてみるとさらによく分かります。

ぽつぽつと、油膜の点々があるのが分かりますね

これを除去していきます。

油膜除去剤で磨きます

油膜除去剤(細かいコンパウンド、研磨剤のようなものです。)で磨く前に、霧吹きなどで軽く濡らしておきます。

研磨スポンジの黒い面側に油膜除去剤を適量つけ、ガラスを磨いていきます。

油膜が除去できてくると、ガラス面で液が弾かなくなってきます。

それを目安にすると分かりやすいです!

液ののびが悪くなったら霧吹き等で補水しつつ、磨いていきます。

参考までに、半分磨いた時点で、水で洗い流してみました!

左半分が、油膜が除去できた状態で、右半分が油膜がまだ残っている状態です。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、(^_^;) 磨いた方は完全に水を弾かなくなっています。

これくらいちゃんと油膜を取らないと、『ピュアコートZERO』がしっかりとかからないので、ここはしっかり落としていきます!

この調子で、右半分も磨いていきます。

(※全体的にやるのではなく、半分ずつやるとやりやすいですよ)

磨き終わったら、油膜除去剤がガラス面に残らないように洗って、水でしっかり流しておきます。

流し終わったら、水分を拭き上げます。

(付属の拭き取りクロスは最後に使うので、それ以外の洗車クロスとかで拭き取りましょう。←仕上げのタオルに油膜除去剤の研磨剤がつかないようにするためです。)

プライマーを塗りこみます。

塗りこみ用スポンジ(青いスポンジ)に不織布を一枚巻きつけます。

そして、プライマー(塗装前の下地のようなもの)を適量付け、ガラス面に万遍なく塗りこみます。

プライマーがしっかり乾いてから、次の工程へ進みます。

(@_@) アルコールのような臭いのするもので、結構すぐ乾いてしまいますね。

『 ピュアコートZERO 』コーティング開始!

先ほどの塗りこみ用スポンジに新しい不織布を一枚巻きつけ、『ピュアコートZERO』を 4/1 量付けます。

ガラスの半面に、縦方向に万遍なく塗ります。

次に横方向に万遍なく塗り、再度縦方向に塗りこみます。

たて、よこ、たて の順ですね!

半面終わったら、もう半面も同様に塗りこんでいきます。

『ピュアコートZERO』を前面に塗り終えたら、放置して乾燥させます。

夏場は10分、冬場は15分といったところですね(ー_ー)!!

しっかり乾いたら、拭き取り用クロス(黄色いクロス)で余剰成分を拭き取ります!!

この要領で、もう一度『ピュアコートZERO』を半面ずつ塗りこんでいきます!(^-^)

つまり、ピュアコートの2度がけですね!

片面に4/1量ずつ、計4回で フロントガラスに2回分のコーティングを施します。

レクサス様に『ピュアコートZERO』施工完了!

ためしに水をかけてみると、有り得ないほどの弾きっぷり!! (@_@;)

こ、、これはすごい・・・ずっと水をかけていたいほどです!

確かに、最初のチラシにあった自信の意味が分かりますね。

ちなみに、溶剤が残れば他のガラス面にもコーティングしようと思っていたのですが、フロントガラス一面でギリギリの量ですね(^_^;)

個人でも簡単に施工できますので、興味のある方はこの記事を参考に施工してみてください。

今回使用したのはこれガラス撥水 ピュアコートZERO 下処理&施工キット